RSI

RSIとは

RSI(相対力指数)はストキャスティクスと同じオシレータ系の指標で、相場の「売られすぎ」「買われすぎ」を判断するための指標です。ストキャスティクスと似ていますが、ストキャスティクスが2本の線を利用するのに対し、RSIは単純に1本の線で表します。

RSIは、過去の値上幅と値下幅の合計を基準にして現在の相場が買われすぎか、売られすぎかを0%から100%までの範囲の中で示します。計算式は以下のようになります。

RSI = N日間の値上幅合計 ÷ (N日間の値上幅合計 + N日間の値下幅合計) × 100

一般的にN日にあたる期間には14日がよく指定されます。70%以上であれば買われすぎ、30%以下であれば売られすぎと判断されます。数値が大きいほど買われすぎと言え、逆に数値が低いほど売られすぎと言えます。

ストキャスティクスと同じく上昇トレンド時であれば70%に到達してもそれ以上に上がり続ける場合もあるため、通常の取引時は他のトレンド系の指標とあわせて利用するのが良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

ページトップへ戻る
Copyright(C) FX比較 低予算から始めるFXランキング 初心者の外為入門 All Rights Reserved.

トップへ