HomeFX実践講座テクニカル分析ストキャスティクス

ストキャスティクス

ストキャスティクスとは

相場の「売られすぎ」「買われすぎ」を判断するための指標をオシレータ系といいますが、ストキャスティクスはその代表的な指標になります。略してストキャスとも呼ばれます。

ストキャスティクスは、短期線の%K(K線)中期線の%D(D線)と呼ばれる2つの線で表されます。

%Kは、過去の最高値と最安値を基準にして現在の相場が買われすぎか、売られすぎかを0%から100%までの範囲の中で示します。参考までに計算式は以下のようになります。

%K = (当日の終値 - N日間の最安値) ÷ (N日間の最高値 - N日間の最安値) × 100

80%以上であれば買われすぎ、20%以下であれば売られすぎと判断されます。数値が大きいほど買われすぎと言え、逆に数値が低いほど売られすぎと言えます。

%DはMACDでいうシグナルのようなもので、%K自体の移動平均線となります。通常%Dは%Kのグラフとは少し遅れて移動します。

80%以上で%Kのグラフが%Dを上から下に突き抜ければ売りのサイン(デッドクロス)になり、逆に20%以下で下から上に突き抜ければ買いのサイン(ゴールデンクロス)となります。

ただし80%以上になったからといって必ず売りかといえば、そうでもありません。上昇トレンド時であれば80%に到達してもそれ以上に上がり続ける場合もあります。そのため通常の取引時は他のトレンド系の指標とあわせて利用するのが良いでしょう。

上記の%Kと%Dを使用したストキャスティクスを正式には、ファースト・ストキャスティクスと呼びます。逆にスロー・ストキャスティクスといって、%Dと%Dを移動平均化した長期線の%slowD(SD線)を使用する場合もあります。

どちらも考え方は同じですが、スローのほうがファーストよりも多少サインが遅い分、ダマシも少ないというメリットがあるため、通常はスロー・ストキャスティクスを利用するのが良いとされています。

一般的に%Kの計算式のN日にあたる期間には9日が指定されます。また何日分の%Kを平均するかという%Dには3日がよく指定されます。%slowDにも3日を指定する場合が多いようです。

コメントは受け付けていません。

ページトップへ戻る
Copyright(C) FX比較 低予算から始めるFXランキング 初心者の外為入門 All Rights Reserved.

トップへ