MACD

MACDとは

MACDとは、(短期EMA – 長期EMA)で求めた値を繋いでグラフ化したもので移動平均線を発展させた指標になります。

EMAとは、より直近のレートに重きを置いた移動平均線のことで相場に敏感に反応するという特徴を持ちます。EMAにも短期と長期があり、短期EMAのほうがより相場に早く反応します。この短期EMAと長期EMAの差(乖離)を求めることで、今のチャートが上昇トレンドか下降トレンドかを判断することができます。

MACDが0よりも大きければ上昇トレンドと言えますし、逆に0を下回れば下降トレンドと言えます。そのためMACDが0になった点がトレンドの転換点と言えます。

MACDにはもうひとつシグナルというMACD自体の移動平均線があります。通常シグナルはMACDのグラフとは少し遅れて移動します。

MACDのグラフがシグナルを上から下に突き抜ければ売りのサイン(デッドクロス)になり、逆に下から上に突き抜ければ買いのサイン(ゴールデンクロス)となります。

一般的に短期EMAの期間として12日、長期EMAに26日、シグナルに9日の設定がよく使われています。

MACDは現在のトレンドとその転換点を知ることができるためトレンド系とオシレータ系の両方の性質を持つ指標として、多くのトレーダーに利用されています。

コメントは受け付けていません。

ページトップへ戻る
Copyright(C) FX比較 低予算から始めるFXランキング 初心者の外為入門 All Rights Reserved.

トップへ