HomeFX実践講座FXの注文方法FXの取引時間

FXの取引時間

FXの取引が可能な時間

FXの仕組みでも説明したとおり、FXは24時間何時でも取引が出来るのが特徴です。

ただし原則FXの取引は、土曜・日曜がお休みになります。

取引時間については米国のサマータイム制度に伴い時期によって時間帯が若干異なるため注意が必要です。

サマータイムの時期が3月の第2日曜から11月の第1日曜までとなっているので、この期間中は金曜の市場が閉まる時間が通常より1時間早くなります。

例えば、通常月曜の午前7時から土曜の午前7時まで取引可能なFX会社であれば、サマータイム時は月曜の午前7時から土曜の午前6時までに変更となります。

またFX会社によっては一日に数分から数時間程度のシステムメンテナンスがありますので、事前に調べておきましょう。

取引が活発になる時間帯

FXは24時間取引可能ですが、その中でも取引量が多く値動きが活発になる時間帯が異なります。

為替市場の一日は、ニュージーランドから始まり、アジア、中東、欧州と経由してニューヨーク市場へと繋がっていきます。

欧州市場が開きだす夕方頃から値動きが活発になっていき、特にロンドン市場とニューヨーク市場が重なり合う21時~2時ごろが最も取引規模が大きく値動きも活発になります。

コメントは受け付けていません。

ページトップへ戻る
Copyright(C) FX比較 低予算から始めるFXランキング 初心者の外為入門 All Rights Reserved.

トップへ