HomeFX実践講座FXの注文方法トレール注文

トレール注文

トレール注文とは

トレール注文とは、レート変動に応じて逆指値の設定も自動的に有利な方向へ変動させていく注文方法のことです。

損切りのための逆指値注文を入れているときに含み益が出た場合に、逆指値の設定をそのままにしておくのではなく、利益に応じて自動的に逆指値の設定を切り上げていくことで利益の最大化を狙う注文方法です。

例えば、1ドル=80円の時に買い注文を入れた上でトレール幅を1円に設定します。そうすると1ドル=82円に上昇した場合、トレール幅の1円を維持するため逆指値は自動的に81円になります。83円に上昇すれば逆指値も82円に切りあがります。

一度上昇した逆指値は下がることはないため、あまりトレール幅を狭くしすぎると少しの変動で決済されてしまう恐れがあるので注意が必要です。

うまくトレンドに乗れたときで一度得た含み益を確実に決済させたい場合などに有効な注文方法と言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。

ページトップへ戻る
Copyright(C) FX比較 低予算から始めるFXランキング 初心者の外為入門 All Rights Reserved.

トップへ