HomeFX実践講座FXの注文方法IFD注文

IFD注文

IFD注文とは

IFD(IF Done)注文とは、最初の指値(または逆指値)注文と、利確または損切りのための決済注文を同時に行う注文方法のことです。

例えば、現在のレートが80円で78円になったら買うという指値注文と、82円になったら売って利確するという指値注文(もしく損切りのための逆指値注文)を同時に入れるような使い方をします。

最初の指値が約定されないと、利確(または損切り)の注文は有効になりません。

初心者の方は、決済注文に逆指値を指定する損切りパターンとしてIFDを利用したほうがリスク管理になるため安全でしょう。

コメントは受け付けていません。

ページトップへ戻る
Copyright(C) FX比較 低予算から始めるFXランキング 初心者の外為入門 All Rights Reserved.

トップへ