日銀短観

日銀短観とは

日銀短観とは、日本銀行が行なう景況アンケート調査のことで、資本金10億円以上の上場企業資本金2000万円以上の中小企業対象にしています。

日銀は金融政策を通じて日本の景気を調節する必要があるため、景気判断材料の一つとしてこういった調査を実施しています。

調査は四半期ごとに行われ3、6、9、12月に調査し、その翌月に結果が発表されます。翌月発表という速報性と日本銀行が直接調査するため回収率が高いのが特徴です。

調査結果は、大企業と中小企業、製造業と非製造業に分けて集計されます。

日銀短観の中では、最も注目されるのが大手製造業の業況判断指数(DI)です。

DIは「景気が良い」と回答した企業の割合から「景気が悪い」と回答した企業の割合を引いたものです。

日銀短観は日本の経済状態を測る正確なものさしとして国内外の市場関係者から注目を集めるため、株価や為替レートなどに大きな影響を及ぼします。

近年の日銀短観の推移(大企業)

年月 製造業 非製造業
2010/3 -14 -14
2010/6 1 -5
2010/9 8 2
2010/12 5 1
2011/3 6 3
2011/6 -9 -5
2011/9 2 1
2011/12 -4 4
単位:「良い」-「悪い」の%ポイント

コメントは受け付けていません。

ページトップへ戻る
Copyright(C) FX比較 低予算から始めるFXランキング 初心者の外為入門 All Rights Reserved.

トップへ