HomeFX実践講座通貨ペアの選び方豪ドル/円(AUD/JPY)

豪ドル/円(AUD/JPY)

豪ドル(AUD)について

豪ドルはオーストラリア連邦で使用されている通貨です。

広大な敷地をもつオーストラリアは、金・石油・鉄鉱石といった資源が豊富なため原油や金相場に連動してレートが変動する傾向があります。

また牛肉や農産物など鉱物資源以外の輸出が大きいのも特徴です。

アジア諸国の中でも特に中国を最大の貿易相手国とし、中国の経済成長や資源価格の上昇を背景に輸出が好調で、経済環境も良好と言えます。

豪ドルは南アフリカランドやNZドルと並びスワップ金利が高いのに加え南アフリカのような新興国に比べ安心感があるということで長期保有する投資家が多く外貨預金としても人気があります。

2007年以降サブプライムショックによる金融危機で大きく値を下げましたが、その後先進国に先駆けて政策金利を段階的に引き上げたため再び相場も回復に向かっています。

なお政策金利はRBA(オーストラリア準備銀行)により決定されます。

政策金利の推移

年度(12月時) 政策金利
2006 6.25%
2007 6.75%
2008 4.25%
2009 3.75%
2010 4.75%
2011 4.25%

オーストラリアの経済情報(2010年度)

人口 2200万人
雇用者数 1100万人
失業率 5.23%
名目GDP 1兆2300億ドル
一人当たりのGDP 5万5672ドル
実質経済成長率 2.68%
消費者物価指数 174.0
国際収支 -330億ドル

豪ドル/円(AUD/JPY)の特徴

豪ドルは市場の規模が小さく相場が急激に動く性質があるため、短期売買で利益をあげることができるものの、その分損失が大きく膨らむ可能性もあります。

ハイリスク・ハイリターンであるため中上級者向けの通貨といえるでしょう。

同じオセアニア地域の国として経済の繋がりも強いことからニュージーランド(NZ)ドルと為替の値動きが似ています。

また豪ドル/円は、豪ドル/米ドルと米ドル/円を掛け合わせたペアであるため、豪ドル/米ドル相場の影響を強く受けるのも特徴です。

金融危機以降は豪ドル安が急激に進行し一時50円くらい円高になりましたが、再び1豪ドル70円~80円に回復しつつあります。

近年の為替チャート(AUD/JPY)

注目の経済指標

RBA政策金利

オーストラリアの中央銀行であるRBA(オーストラリア準備銀行)が政策金利を決定します。豪ドルで最も注目すべき指標です。

消費者物価指数(CPI)

消費者物価指数とは、消費者が実際に購入する段階での商品の小売価格(物価)の変動を表す指数のことです。インフレに関する重要指標です。

雇用統計

雇用統計も豪ドルのレートに大きく影響します。特に新規雇用者数が最も注目されます。

GDP

GDP(国内総生産)とは一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額のことを意味します。GDPの伸び率が経済成長率に値します。

コメントは受け付けていません。

ページトップへ戻る
Copyright(C) FX比較 低予算から始めるFXランキング 初心者の外為入門 All Rights Reserved.

トップへ