通貨ペアの選び方

取引通貨を選ぶポイント

ドルストレートとクロス円

FXでは世界中の通貨を売買することが出来ます。

直接米ドルが交換相手となる通貨ペアのことをドルストレートといい、それ以外の通貨はクロス通貨と呼ばれ、特に対円のものをクロス円といいます。
続きを読む

ページトップへ戻る
米ドル/円(USD/JPY)

米ドル(USD)について

米ドルとはアメリカ合衆国の公式の通貨のことで、基軸通貨として世界で最も多く使われている通貨です。

世界三大通貨(ドル、ユーロ、円)の一つであり、流通量が多く世界で最も影響力の強い通貨です。
続きを読む

ページトップへ戻る
ユーロ/円(EUR/JPY)

ユーロ(EUR)について

EU(欧州連合)の共通通貨であるユーロは、1999年にドイツマルクやフランスフランなど欧州の主要通貨を統合して誕生し、2002年から実際に通貨の流通が始まりました。

EUの加盟国27か国中、17か国(ユーロ圏)で公式に採用されており、ヨーロッパ全体では23か国で使用されています。
続きを読む

ページトップへ戻る
ユーロ/米ドル(EUR/USD)

米ドルについては米ドル/円(USD/JPY)を参照ください。
ユーロについてはユーロ/円(EUR/JPY)を参照ください。

ユーロ/米ドル(EUR/USD)の特徴

世界最大の取引数量を誇るのがこのユーロ/米ドルのペアです。
続きを読む

ページトップへ戻る
英ポンド/円(GBP/JPY)

英ポンド(GBP)について

ポンドはイギリスの通貨です。第二次世界大戦前までは世界の基軸通貨として使われていましたが、戦後は米ドル、ユーロにその地位を明け渡しました。

イギリスはEU(欧州連合)に加盟していますが国内での反対が多かったことからユーロへの通貨統合は見送られました。

現在は米ドル、ユーロ、日本円についで4番目に取引量の多い通貨です。
続きを読む

ページトップへ戻る
豪ドル/円(AUD/JPY)

豪ドル(AUD)について

豪ドルはオーストラリア連邦で使用されている通貨です。

広大な敷地をもつオーストラリアは、金・石油・鉄鉱石といった資源が豊富なため原油や金相場に連動してレートが変動する傾向があります。

また牛肉や農産物など鉱物資源以外の輸出が大きいのも特徴です。
続きを読む

ページトップへ戻る
NZドル/円(NZD/JPY)

NZドル(NZD)について

NZドルはニュージーランドで使用されている通貨です。農業や酪農が盛んで、輸出の3割は農産物が占めています。

同じオセアニア地域であるオーストラリアが最大の貿易相手国となっており、経済の繋がりも強いことから豪ドルに連動して為替が変動する傾向があります。
続きを読む

ページトップへ戻る
カナダドル/円(CAD/JAP)

カナダドル(CAD)について

世界第2位の国土面積を持つカナダは、豊かな資源を有する資源保有先進国家です。

石油・石炭・天然ガスといったエネルギー資源のほか、金・鉄鉱石・ウランなど多様な鉱物資源を産出しています。

特にカナダの石油埋蔵量は全世界の15%を占めているため原油価格に連動してレートが変動する傾向があります。
続きを読む

ページトップへ戻る
スイスフラン/円(CHF/JPY)

スイスフラン(CHF)について

永世中立国としてのスイスは、通貨の上でもユーロと比べて安定した評価を受けておりテロや戦争などの地政学的なリスクが少ないとされています。

ユーロには加盟していないものの欧州各国との経済的な繋がりは強く、貿易収支などの国際収支も安定しています。
続きを読む

ページトップへ戻る
ランド/円(ZAR/JPY)

南アフリカランド(ZAR)について

ランドは南アフリカ共和国で使用されている通貨です。

金・ダイヤモンド・プラチナといった鉱物資源に恵まれた資源大国であり、特に金については世界一の産出国となっています。

また原油価格が急騰するとインフレ懸念から金が買われるため原油や金相場に連動してレートが変動する傾向があります。
続きを読む

ページトップへ戻る
Copyright(C) FX比較 低予算から始めるFXランキング 初心者の外為入門 All Rights Reserved.

トップへ