HomeFX入門講座FXの始め方為替の分析手法

為替の分析手法

為替取引は通貨を売買する取引であり、2つの通貨間の比較でどちらが相対的により優れているかを判断する必要があります。

その判断となるFXの投資手法は大きく分けてファンダメンタルズ分析テクニカル分析の2つに分類されます。

ファンダメンタルズ分析とは?

ファンダメンタルズ分析とは、今の経済状況から将来の為替動向を予測する分析方法のことです。

テクニカル分析とは違い、中長期的な分析になりますので、スワップ派の方にとって特に重要になる手法です。

GDPや政策金利などその国の経済がどのように推移しているかを知ることで、将来的な値動きが予測しやすくなります。

ファンダメンタルズ分析でファンダメンタルズ分析で重要となる指標をまとめましたので、参考にしてください。

テクニカル分析とは?

テクニカル分析とは、過去の為替の値動きから今後の値動きを予測する手法のことです。

過去の値動きをグラフにしたものを為替チャートといい、様々なテクニカル指標を用いて将来の値動きを予測します。

チャートを分析する上で最も重要となるのが、株式でも利用されているローソク足です。

ローソク足はチャート分析で最も基礎となるものなので、必ずマスターしましょう。

テクニカル分析はトレンド系オシレーター系の2つに大別されます。

トレンド系とは相場のトレンドを読み、トレンドに乗って利益を出す順張り系の分析手法です。

オシレーター系とは、相場が買われすぎか、売られすぎかを読み、その逆に動いて利益を出す逆張り系の分析手法です。

上記2つ以外にも、両方の性質を持つ指標も存在します。

テクニカル分析でテクニカル分析で重要となる指標をまとめましたので、参考にしてください。

コメントは受け付けていません。

ページトップへ戻る
Copyright(C) FX比較 低予算から始めるFXランキング 初心者の外為入門 All Rights Reserved.

トップへ