HomeFX入門講座はじめてのFXFXと株取引の違い

FXと株取引の違い

FXと株の取引とでは、同じ投資と言っても、違いがたくさんあります。まず、FXの特徴は株よりも断然、小資金で始められるということが上げられます。

10万円があれば、FXでは主要通貨のほとんどの取引が出来ますが、株では買える銘柄が極端に少なくなります。また株の場合は、会社が倒産したりすると、価値がゼロになってしまいますが、FXは外貨の価値がゼロになるということはありません。

また株の取引の時間は限られてしますが、FXの場合は24時間、通過の値段は動いていますので、24時間取引が可能です。ですので、時間的に株の取引が出来ない人でも、FXの取引はできるということになります。

また株の場合は、膨大な銘柄の中から、投資対象を選ぶのも大変ですが、FXの場合は 20数種類の通貨から、自分の投資対象にしたい通貨を絞って、動きを見ていけばいいので、株よりもラクとも言えます。

またFXの一番の特徴として、スワップ金利というものがあります。これは高金利の通貨を買い、低金利の通貨を売った時に、金利差調整分をスワップ金利という形で受け取ることが出来ます。

スワップはポジションを保有している限り、受け取ることが出来るので、長くポジションを持ち続けていると、それだけ多く受け取ることができます。

低予算からFXをはじめた管理人おすすめのFX口座はこちら↓↓

★低予算(1000通貨)で取引できるFX口座を比較
http://s2fx.com/ranking/856.html

コメントは受け付けていません。

ページトップへ戻る
Copyright(C) FX比較 低予算から始めるFXランキング 初心者の外為入門 All Rights Reserved.

トップへ