はじめてのFX

FXで資産運用しよう

資産運用に適したFX

FXとは?

FXをはじめる人が増えています。

FXの仕組みは株の信用取引とよく似ています。証拠金と呼ばれる一定資金を業者に預け、外貨の売買を行うのです。

定年で仕事を終えた時に生活に困らないよう、ある程度の水準を満たした老後を送るための資産は作っておきたいと思う人は多いと思います。しかし、定期預金は年利が下がって運用手段になりません。

しかし、長期的な資産運用に対しても、FXはそのパワーを発揮します。リスクコントロールができていさえすれば、投資信託や定期預金よりずっと少ない手数料で効率的な利益をあげることができます。

魅力的なスワップポイント

スワップポイントと呼ばれるシステムはFXの大きな魅力の一つで、2国間の通貨を取引した時に生じる金利の差が毎日少しずつ利益となります。

たとえ為替レートが変わり含み損が出ても、スワップポイントは毎日利益を生み続けます。スワップポイントは通貨によって異なりますが、毎日の積み重ねが大きな利益になるのです。

FXは、少ない資金でもそれを証拠金に多額の決済ができることが魅力です。活用すれば1日にもらえるスワップ金利の量も上手に増やすことができるでしょう。

最終的に増えた資産を元手にスワップポイントを活用することで、急激な円高になっても振り回されずに利益を叩き出すことができます。

いいタイミングで外貨を保有できれば、毎日頑張って相場の確認をしなくても収入は入り続けるという状態となるのです。

低予算からFXをはじめた管理人おすすめのFX口座はこちら↓↓

★低予算(1000通貨)で取引できるFX口座を比較
http://s2fx.com/ranking/856.html

ページトップへ戻る
FXってなに?どんな仕組みで儲けるの?

まずはここで、FXの基本を知っておきましょう。FXというのは、外国為替証拠金取引(Foreign Exchange)のことで、外国の通貨を売買して、利益を得る取引のことです。

詳しくお話ししますと、例えば、日本の銀行に100万円を預けるとしましょう。金利0.1%ですと、年間1,000円の利息が付きますね。ですが、皆さんもご存知かと思いますが外貨ではその国ごとの金利が適用されます。

1例として、米ドルは1.0%、ユーロは2.0%、豪ドルは5.0%というように、国々によって金利が異なります。改めて比べるとどれだけ日本が低金利なのかよくわかると思います。そこで、高金利国の通貨のカナダドルや人民元を買うと、金利がより多くもらえることになりますね。

なお、この金利差を「スワップポイント」と呼び、これを目当てに取引を行う方も多くおられます。これが1つ目のFXの儲かる仕組みです。

さらにFXの最大のポイントは、手元の資金が少なくても、それを担保に、何倍もの金額の取引ができる「レバレッジ」ができることです。この方式を使って、売買の差額で儲けている人がほとんどです。

この取引に必要なお金を「必要証拠金」と言います。実際の例で言うと、例えば、レバレッジを10倍にすると、10万円で100万円分の外貨を取引できるのです。当然先にご紹介した、スワップポイントも10倍となり、受け取る利益も多くなります。売買の差額がでた場合も同じです。

10万の証拠金でレバレッジ10倍であれば、売買の差額が1円になれば100万の利益です。レバレッジは日本のFX会社であれば25倍まで可能です。つまり、10万円で250万円分まで売買することができます。

一点覚えておかなくてはいけないことは、この方式は儲けも多い分、取引の金額が逆に触れるとあっという間に損害が出るハイリスクハイリターンの取引となります。そのため、まずは低資金でゆっくりと地道にトレードを行い、手堅い場合のみ、大きなトレードをすることがおすすめです。

FX口座は、口座ごとに「最低取引通過単位」が決まっていますので、自由度が高い取引をするためには「低予算でできるFX口座」を開いて置くことがポイントとなります。

低予算からFXをはじめた管理人おすすめのFX口座はこちら↓↓

★低予算(1000通貨)で取引できるFX口座を比較
http://s2fx.com/ranking/856.html

ページトップへ戻る
FX取引のはじめ方

いざFXを始めようとした時に、何から始めればいいのでしょうか。

まず始めることは、取引業者を選んで口座を開き、お金を預けることです。取引業者の選び方については、それぞれ特徴が違いますので、それぞれの違いを比較した上で選びましょう。

取引業者はそれぞれ一長一短。また管理画面の使いやすさなどは個人の感覚にもよるので、一つだけに絞るのではなく複数の口座を開設しておきましょう。

何かの理由でその業者の取引システムが動かなくなった時でも、他の業者に口座があば取引を続けられますので安心です。

取引業者のチェックポイントとしては、取引の際の手数料はいくらなのか、他に必要な費用はないかを確認しましょう。また、一口にFXを扱う業者といっても特色は様々で、レバレッジの高いところ、スワップポイントの高いところなど、強みがそれぞれにあります。

レバレッジの算出方法や損切りポイントも個々に違いますのでしっかり比較しましょう。特に「ロスカット」はFXの特に大事なチェックポイントですので、しっかり理解しておく必要があります。

他には、取引システムの安定性やサポートがどのくらい充実しているのか、電話などでも質問ができるのか、提供されるマーケット情報の内容などもどうかなど、たくさんありますので納得がいくまで調べておきましょう。

低予算からFXをはじめた管理人おすすめのFX口座はこちら↓↓

★低予算(1000通貨)で取引できるFX口座を比較
http://s2fx.com/ranking/856.html

ページトップへ戻る
FXの勉強法って?

何も知らずに、勘だけを頼りにFXの取引は危険ですし続きません。やはり、FXで利益を出すためにはトレードについての勉強や研究は欠かせないと言えます。しかも、FXの勉強や学習は初心者だけでなく、既に取引をしている経験者も勝ち続けるには常に勉強をする必要があるのです。

でも、時間も無いし、そもそも勉強はあまり得意ではない!という人も多いのではないでしょうか。できればラクして儲けたいなんて考えるのが人情です。

では、どのような勉強をすれば効率的にFXで利益を上げることができるのでしょうか?

FX用語や仕組み、トレードの方法などの基礎を学びたい場合は、インターネットなどでも調べて学習することもできますし、本屋さんでFX入門の本を読むのもよいでしょう。

本やネットにはいろいろなサイト、本がありますから、いろいろ検討して自分に合ったものを選びましょう。ただ、用語などはすべて暗記する必要はありません。

よく使う言葉は決まっていますし、仕組みなども何となく理解できればOKです。実際に取引を始めると自然に身についていきますので、どういう単語があるのか、理解するだけで留めておきましょう。

ある程度頭に入れば、後は「実践あるのみ」です。どんなに詰め込んでも、実際に役に立てなければ意味がありません。

取引には何が必要で、何が重要なことなのか、どんなことに気を付ければいいのかなどは全て実践でのトレードが教えてくれるのです。

ですが、いきなりリアルマネーでトレードするのはやはり不安という方は、バーチャル取引などで練習を積んでみるとよいでしょう。

最低限の準備が整った方は、まずは低予算からFXを初めてみることをおすすめします。

ちなみに管理人の場合は、トレードの仕組みなどやバーチャル取引をすっとばして、最初はボーナスのうち20万円をFX口座に入れて、実際に動かしながら勉強をしました。

通常、最低取引通過単位は1万通貨というところが多いですが、最近では1000通貨や中には1通貨から可能というところもありますので、こういった口座をいくつか開いて、使い勝手を比べてみるのも、よいと思います。

低予算からFXをはじめた管理人おすすめのFX口座はこちら↓↓

★低予算(1000通貨)で取引できるFX口座を比較
http://s2fx.com/ranking/856.html

ページトップへ戻る
FXと株取引の違い

FXと株の取引とでは、同じ投資と言っても、違いがたくさんあります。まず、FXの特徴は株よりも断然、小資金で始められるということが上げられます。

10万円があれば、FXでは主要通貨のほとんどの取引が出来ますが、株では買える銘柄が極端に少なくなります。また株の場合は、会社が倒産したりすると、価値がゼロになってしまいますが、FXは外貨の価値がゼロになるということはありません。

また株の取引の時間は限られてしますが、FXの場合は24時間、通過の値段は動いていますので、24時間取引が可能です。ですので、時間的に株の取引が出来ない人でも、FXの取引はできるということになります。

また株の場合は、膨大な銘柄の中から、投資対象を選ぶのも大変ですが、FXの場合は 20数種類の通貨から、自分の投資対象にしたい通貨を絞って、動きを見ていけばいいので、株よりもラクとも言えます。

またFXの一番の特徴として、スワップ金利というものがあります。これは高金利の通貨を買い、低金利の通貨を売った時に、金利差調整分をスワップ金利という形で受け取ることが出来ます。

スワップはポジションを保有している限り、受け取ることが出来るので、長くポジションを持ち続けていると、それだけ多く受け取ることができます。

低予算からFXをはじめた管理人おすすめのFX口座はこちら↓↓

★低予算(1000通貨)で取引できるFX口座を比較
http://s2fx.com/ranking/856.html

ページトップへ戻る
FX初心者に最適なFXの予算とは?

これからFXを始めるとして、一体どのくらいの予算を見ておけばよいのでしょうか。FXと言うと、多額のお金を動かすイメージを持っている方も多いかと思いますが、実はそうではありません。

FXの魅力は、少ない資金から効率よくお金を増やすことが出来るので低予算・少額で投資を初めてみたい人におすすめの投資方法です。

では具体的には、一体いくらから始めればいいのか?ということですが、最初はまず5万円程度から始めてみることをお勧めします。もしかしたら、ちょっと物足らなく感じる方もいるかもしれませんね。

これからFXを始めようとする人は、『お金を稼ぎたい』『儲けたい』と思われている方が多いと思いので、なおさらだと思います。しかし、だからと言って最初から大きな資金を使ってしまうと、取引に不慣れな上につい危険なトレードをしてしまいやすいのです。

まず、知っておいていただきたいことは、為替市場というのは、突然の災害やテロなど予期せぬことで急激な変動がおきる可能性があるのです。こういったことも頭に入れておかないと、例え順調に儲かっていても、逆に一瞬にして自分の資金を全て失ってしまう可能性もあるのです。

FX市場は、投資金額とレバレッジによってはただの1円の振り幅でも数万円、数百万円の損失を生み出すことがあるため、最初は少額から始め、少し資金が増えて取引にも慣れてきたら徐々に取引額を増やしていくのが賢いFXのはじめ方なのです。

低予算からFXをはじめた管理人おすすめのFX口座はこちら↓↓

★低予算(1000通貨)で取引できるFX口座を比較
http://s2fx.com/ranking/856.html

ページトップへ戻る
1万円以下でもはじめれるFX口座は?

FX口座には「取引単位」があり、FX口座によってそれぞれ異なります。通常は「1万通貨単位」が一般的で、仮に1米ドル=100円とすると「最低1万通貨の米ドルを買う」=「100万円分の売買を行う」のが一番低い取引金額ということです。

100万円分と言っても、FXにはレバレッジというものが設けられているので、「入金した金額」の最大25倍まで売買が可能になっています。つまり、1万通貨単位の口座の場合、1米ドル100円のときには最低40,000円あれば、1万通貨買えるので取引ができます。ほとんどどの口座も5万円ではじめられるといえば、当てはまるのです。

それでも「いきなり100万円分」の取引となると、抵抗を感じる人も多いです。
そんな人には、通常の1/10以下で「1000通貨単位で取引できるFX口座」がおすすめです!

先ほど1米ドル100円の時の例で言うと、1000通貨単位なら、4千円からスタートできるためぐんとハードルが低くなります。

また、同じ40,000円の予算でも10口買えることになるため、売りや買いのポジションを複数持つこともでき、勉強にもうってつけです。ちなみに、一番のおすすめはSBI FXトレードです。

「1000通貨」のさらに下、なんと「1通貨単位」から取引できる貴重な口座です。FX初心者はまずこの口座から開き、実践を行いながら勉強することが一番の近道といえます。

低予算ではじめられるFX口座として、特にオススメなのは、SBI FXです。

この口座はなんと1通貨単位から取引ができてしまうので、1ドル100円だとすると4円から取引が可能!子どものお小遣いでも取引できちゃう・・・額ですが、実際にはどのFX口座も「20歳以上」から口座開設が可能となっているところが主流です。

話が脱線しましたが、低予算で低リスクのFXを始めたい人への一番のおすすめは今のところ、SBI銀行のFX口座です!

SBI FXについてはこちら

低予算からFXをはじめた管理人おすすめのFX口座はこちら↓↓

★低予算(1000通貨)で取引できるFX口座を比較
http://s2fx.com/ranking/856.html

ページトップへ戻る
FX初心者が失敗しないためには?

最初に架空の取引口座であるデモ口座での、バーチャル取引がお勧めです。最初はFX特有の単語がありますから、まずその用語に慣れることも必要です。しかも、この用語は業者によって少し違う場合もあるようです。こういった単語を理解しながら適切な判断をし、トレードすることになりますから、取引の流れ、実際の画面にも徐々に慣れることができます。

また、どんな感じで取引するのか、雰囲気でも分かっていなければなかなか踏み出せない方も多いのではないでしょうか。そこで、バーチャル取引でシミュレーションをすることで、実際の取引と同じように架空の資金を売買してみましょう。そうすることでFXの雰囲気も分かりますし、実際に取引する上での心構えを知る練習にもなり、FXという仕組みも体感できます。

また、このバーチャル取引は簡単な会員登録で無料でできますし、業者によっては目標通りに資金が増やせたらポイントがもらえたりするところもあるようです。

FXをやってみたいと思って知識だけ頭に詰め込んでも、実際のイメージがなければ慣れないためタイミングが掴めなかったり、失敗が続いてしまうこともあるかもしれません。

実際の取引ではどんな画面でどんな状況になるかを事前に体験しておくと、自分なりの作戦も立てやすくなるのではないでしょうか。デモトレードは完全にNOリスクですが、どんなに取引を行っても儲からないため、本気になれないという人も多いです。その場合には、低予算からはじめられるFX口座をおすすめしています。

通常「1万通貨」でしか取引できないFX口座がほとんどですが、下記の口座は通常の1/10の「1000通貨」以下ではじめられる口座です。

★低予算(1000通貨)で取引できるFX口座を比較
http://s2fx.com/ranking/856.html

この方法のメリットはなんといっても実際の取引なので、FXの感覚が身につくところ。そのためには、何となく取引をする感覚ではなく、「どういう状況の時にどうなるのか?」というようにしっかりとした目的を持って試してみる意識も大切です。実際に大きな予算で取引する場合は失敗や判断ミスは極力避け、安定して利益を重ねていくことが大切です。

様々な取引を実際に少額、低リスクで行ってみて、結果を見ることでいろいろな貴重なデータが集まってくるのです。

こういったことから、FXをする上での自分なりのルールが見つけ出せるように意識しましょう。そしてこの少額でのトレードは、大きな予算でトレードを始めた後でもとても役に立ちます。

この方法のもう一つのメリットは、ごくごく少額を取引しながら実際の管理画面の動きや使いやすさを比較することができること。

デモトレードでも、実際の管理画面に極めて近いシステムを使うことができますが、実際のアクセスがされている時間帯でも問題な取引できるかなど、使い勝手をチェックできます。複数の口座を申し込みして、少額を動かして、自分にあった取引口座も賢いはじめ方というえます。

自分にあう管理画面や取引ツールつけておくことも、FXで利益を出すための大事な要素の1つだからです。

低予算からFXをはじめた管理人おすすめのFX口座はこちら↓↓
http://s2fx.com/ranking/856.html

ページトップへ戻る
バーチャル取引とおすすめの口座

初めてFXをやろうという人は、最初に架空の取引であるバーチャル取引がお勧めです。最初はFX特有の単語がありますから、まずその用語に慣れることが必要です。

しかも、この用語は業者によって少し違う場合もあります。バーチャル取引では、実際の画面を見ながら、こういった単語を理解し、適切な判断をし、トレードすることになります。

取引の流れ、実際の画面に慣れることができます。また、どんな感じで取引するのか、雰囲気でも分かっていなければなかなか踏み出せない方も多いのではないでしょうか。

バーチャル取引でシミュレーションをすることで、実際の取引と同じように架空の資金を売買してみましょう。そうすることでFXの雰囲気も分かりますし、実際に取引する上での心構えを知る練習にもなり、FXという仕組みも体感できます。

また、このバーチャル取引は簡単な会員登録で無料でできますし、業者によっては目標通りに資金が増やせたらポイントがもらえたりするところもあるようです。

FXをやってみたいと思って知識だけ頭に詰め込んでも、実際のイメージがなければ慣れないためタイミングが掴めなかったり、失敗が続いてしまうこともあるかもしれません。

実際の取引ではどんな画面でどんな状況になるかを事前に体験しておくと、自分なりの作戦も立てやすくなるのではないでしょうか。

バーチャル取引でなれたら、今度はじっさいのFX口座を作り、少額からFX取引を初めてみましょう。
手続きには1~2週間かかる場合も多いので、あらかじめ少額で取引できるFXの口座を作っておくことをおすすめします。

低予算からFXをはじめた管理人おすすめのFX口座はこちら↓↓

★低予算(1000通貨)で取引できるFX口座を比較
http://s2fx.com/ranking/856.html

ページトップへ戻る
ゲーム感覚でできるFXのデモ口座

FXの実際の取引を始める前に、バーチャル取引として実際の取引と同じ画面で架空資金で取引の練習をして雰囲気をつかむことをお話ししました。

こういった方法で練習する他に、オンラインゲームのようにFX取引ができるページもあります。これも無料で会員登録を行い、FX取引をゲーム感覚で架空で行うものです。

ゲームのルールは、通常の取引の際と同じルールで運用期間も決まっており、その期間の間に最初の所持資金をどれだけ増やせるか?というものです。

ゲーム形式ですので、バーチャル取引よりも少し気軽にでき、遊び感覚で行えるでしょう。

ランキング形式にもなっていて、期間中に資金を増やした人にはプレゼントがもらえるなど楽しめる部分もあります。このように、遊びの部分もありつつ、細かなルールや用語なども楽しみながら覚えられるようになっているのも特徴の一つです。FXを始めたばかりの頃は分からないことばかりですので、こういった場所で徐々に場馴れしてみてはいかがでしょうか?

プレッシャーなくプレイできるので、通常の取引の息抜きとしても利用されている方も多いようです。

低予算からFXをはじめた管理人おすすめのFX口座はこちら↓↓

★低予算(1000通貨)で取引できるFX口座を比較
http://s2fx.com/ranking/856.html

ページトップへ戻る
FX取引っていくらからはじめればいいの?

FXはどれくらいの資金から始めるべきか、ということに特に決まりはありません。自分の資産状況に合わせて、1万円から始めてもよいですし、1,000万円から始めても構いません。

目安があるとすれば、5万円~50万円くらいで始めるのがよいのではないでしょうか。ちなみに管理人はボーナスのうちの20万ではじめました。

そして、段々と取引に慣れてきたので、もっと大きな取引をして利益の幅を増やしたいと思ったら、徐々に資金を追加していく形がベストでしょう。

実際に、大体のFX業者の最低取引単位は1万通貨単位です。この1万通貨単位とは、単純に1万円、1万ドル、1万ユーロ、ポンドなど、その国の通貨で1万円分買うということです。

例えば、米ドルなら大体1ドルが現在約120円(2015年/6月現在)なので、日本円で120万円あれば1万ドルの取引ができるのです。

なんだ、5万円や10万円じゃ資金が足りないじゃないか、と思われると思いますがここがFXの特徴的なところで、例えば5万円から始める場合でも、5万円に対し24倍のレバレッジをかければ、5万円×24倍で120万円になり、1万通貨分の取引が可能になるのです。

そうなると、額が大きくなり不安に感じるかもしれませんが、1万通貨単位で取引をしていれば、たとえ「1円」という相場変動があっても、自分の増減金額は1万円です。

1万通貨買った場合に、1円上がれば1万円のプラス、1円下がれば1万円のマイナスということです。このように、動かしている金額は大きいのですが実際の利益金額売買の差額になるということも知っておきましょう。

低予算からFXをはじめた管理人おすすめのFX口座はこちら↓↓

★低予算(1000通貨)で取引できるFX口座を比較
http://s2fx.com/ranking/856.html

ページトップへ戻る
低リスクなFX取引方法ってあるの?

世間的には、FX=危ない、破産などといったイメージをお持ちの方も多いようですが、実際はそうではなく、FXは最低金額であれば1万円から5万円あれば初められる投資方法です。

ですが、いくら低予算とは言え、まぎれもなく大切な資金です。ですので、資金ができるだけ減らないように常に考える必要があります。これがリスク管理と言いますが、リスク管理ができなければFXでは確実に負けてしまいます。そこで、ここではリスク管理のポイントとしていくつか挙げておきましょう。

まず、1つ目に手数料の少ないFX業者を選んでください。最近は、手数料無料のFX業者がたくさん出てきています。これは業者間の競争が激しくなっているためで、本来FXの手数料は、手数料+スプレッド(売値と買値の差額)で計算されることになります。

しかも、このスプレッドは各社それぞれ違うのでかなり違いがあります。よく調べて、手数料やスプレッドができるだけ安いところを探しましょう。

2つ目のポイントは「レバレッジ」は最初は低く抑えて、小さな予算からはじめることです。

レバレッジは、少ない資金で1倍から25倍(海外のFX業者では200倍や400倍も・・)で取引ができるシステムのことです。このレバレッジを大きくすればするほど多く儲けることもできますが、逆にいうと大きく損するリスクもあるということにもなります。これがFXが警戒されている理由なのです。

例えば、1万円の資金をレバレッジを100倍にして運用した場合、例え手持ちがなくても100万円分の取引ができるようになります。

この時、利益はその投資金額100万円に対して発生しますが、損失も同じです。最初からレバレッジを大きくしないように心がけ、少額からはじめてみることをおすすめします。

低予算からFXをはじめた管理人おすすめのFX口座はこちら↓↓

★低予算(1000通貨)で取引できるFX口座を比較
http://s2fx.com/ranking/856.html

ページトップへ戻る
FX取引の重要ワード、レバレッジって何?

レバレッジという言葉がFXをしていると、よく出てきます。レバレッジとは英語で「てこ」のことです。「てこ」の原理を使うと、子どもや力のない人でも、重い石を動かしたり出来ますが、FXでは小さい資金で、より大きい効果を得られる可能性があるということから、このように言われます。

レバレッジという言葉がFXでよく使われるのは、FXが取引口座へ入金した資金の一部、または全部を保証金として業者に預け、それを担保として、その数倍から数十倍の価値の外貨を売買するという特徴があるからです。

このときの担保である保証金に対する、実際の取引金額の大きさ(倍率)がレバレッジとなります。例えば、1ドル120円として、10万円を元手に1万ドル(120万円)の取り引きをしようとするとき、この時のレバレッジは120万円÷10万円=12倍となります。

1ドル120円で買った米ドルが、1ドル130円に値上がりしたとすれば、1万ドルを買っているので、為替差益は10万円になります。
FXでは、小資金でこれだけの利益が得られることもあるのが何よりも魅力になります。

レバレッジを高く設定すれば、大きく利益が出ることもありますが、損失が大きくなることもあり得ますので、FXを始めようとする前には、気をつけなくてはいけません。

やはり、1万通貨よりも低い通貨単位でトレードの感覚をつかむことをおすすめします。例えば下記は1000通貨以下で取引ができるFX口座です。復数開設をして、使い勝手を比較してみることもよいでしょう。管理人のおすすめは、資金の出し入れの利便性も含めて、いまのところはSBIがイチオシです。

低予算からFXをはじめた管理人おすすめのFX口座はこちら↓↓

★低予算(1000通貨)で取引できるFX口座を比較
http://s2fx.com/ranking/856.html

ページトップへ戻る
FXの取引通貨ってどうやって決める?

FXをやる時には当然ですが、どの通貨を使って取引をするのかを決めなくてはいけません。FXで使う通貨にはそれぞれ特徴があるので、それを理解して、またその国のことも知った上でFXを始めることが望ましいです。

FXを始めて一番最初に取引しやすいのは、やはりアメリカドルだと言えると思います。これは一番情報が多く、ニュースの為替の値動きが伝えられることも多く値動きがつかみやすいので、やりやすい取引だと言えるかもしれません。

国の情報も入りやすく、株価と連動していることも多く、また旅行などで実際にドルを手にしたり目にしたりしたことがある人が多いというのも、親しみがある通貨だと言えます。

FXでドル・円の買いポジションから入った場合、スワップポイントも、アメリカドルの場合は割と高くつきますので、その点でもメリットのある通貨だと言えると思います。

FX初心者は、まずは1つの通貨に絞って取引をしたほうが無難ですが、その際の取引通貨もアメリカドルがファーストステップとしては、一番無難でしょう。

ドルを使った取引には、米ドル・ユーロというのもありますが、こちらは米ドル・円と逆の値動きをするので、もう1つポジションを持ちたいときにはリスク分散にはいいかもしれません。

低予算からFXをはじめた管理人おすすめのFX口座はこちら↓↓

★低予算(1000通貨)で取引できるFX口座を比較
http://s2fx.com/ranking/856.html

ページトップへ戻る
FX初心者におすすめの通貨ペアとは?

FXを始める場合、数多くある通貨の中から何を選べばよいでしょうか。外貨別の特性を把握し、それを生かした運用ができれば、FXで資産を増やすのにこれほど心強い味方はありません。

ひとつの外貨だけを買うとリスクが集中しますので、複数の通貨を持つようにしましょう。外貨には、市場参加者が頻繁に売買をする主要通貨や、主要通貨ほど取引が多くない準主要通貨などがあります。

主要通貨と準主要通貨の違いは取引量にあります。取引量の少ない外国通貨ほど、急激に動くことがあるので注意が必要ですが大きく儲かる場合もあります。

では、どの通貨が一番メジャーなのかというと、やはり世界的に取引されている通貨は米ドルです。多くの品物がドル建てで決済されていたり、FX業者や経済アナリストの出す情報や分析はドルが多く、情報を色々知りたい初心者にとっては豊富な判断材料となります。

その他、ユーロは米ドル、円とともに主要3通貨のひとつで、世界で取引量が最も多いのがユーロ/ドルです。なお、ニュージーランドドルと豪ドルは準主要通貨ですが、スワップ金利が高いことなどから人気があります。

ニュージーランドの方が豪ドルより金利が高いですが、値動きが大きかったり、英ポンドは、ハイリスクハイリターンの外国通貨として知られています。このように通貨には特徴があります。

初心者のFX投資としては、ハイリスクハイリターンのものは慣れてきたら少しずつ手をつけるくらいでいいでしょう。

低予算からFXをはじめた管理人おすすめのFX口座はこちら↓↓

★低予算(1000通貨)で取引できるFX口座を比較
http://s2fx.com/ranking/856.html

ページトップへ戻る
急な為替変動への対策は?

急な円安や円高による為替変動は、初心者でなくても危惧する事態です。地震や津波、干ばつなどの自然災害も為替に影響を与えます。急な自然災害による為替の変動は、どう頑張っても予想しきれるものではありません。

たとえ勉強を続けても、未来を知る能力でもなければ自然災害などはわからず、為替の完璧な予想もできません。
初心者FXトレーダーは、当然ながら急激な円高・円安で平常心を保つなどという高度な精神修養はできていません。

慣れたつもりでも、○年来の急騰や急落は次の瞬間に起こるかもしれない。金融相場に絶対はありません。その場の勢いや一過性の判断で、衝動的な対応をしてしまう危険もあります。

できる限りの金融市場での状況を想定して為替取引のリスク管理をしっかりと行うためにも、損切り(ストップロス)はしっかりと入れましょう。

大きな含み損を抱えたままでは判断も狂います。含み損が一定数値になると、自動的に損を確定させる注文がストップロスです。

「含み損が○○万円になったら諦めて決済しよう」と決断をしていたつもりでも、いざとなると思い切れず大きすぎる含み損を抱える結果になる人もいます。

初心者FXで見落とされがちですが、得を出すこと以上に損を出さないことは重要なのです。一番怖いのは、ストップロスを入れずにいたせいでFXで資産を殖やし直す余地のないほどの大損をしてしまうことです。

チャンスをつかもうにも、元金がなければどうしようもありません。初心者にとっては、一回の失敗が大きくなりすぎて取り返しがつかなくなることだけは回避すべきです。そのためにも最悪の事態を予測して手を打っておきましょう。

低予算からFXをはじめた管理人おすすめのFX口座はこちら↓↓

★低予算(1000通貨)で取引できるFX口座を比較
http://s2fx.com/ranking/856.html

ページトップへ戻る
FXの注意点 キホンのキ

まずはここで、FXの基本を知っておきましょう。FXというのは、外国為替証拠金取引(Foreign Exchange)のことで、外国の通貨を売買して、利益を得る取引のことです。

詳しくお話ししますと、例えば、日本の銀行に100万円を預けるとしましょう。金利0.1%ですと、年間1,000円の利息が付きますね。ですが、皆さんもご存知かと思いますが外貨ではその国ごとの金利が適用されます。

1例として、米ドルは1.0%、ユーロは2.0%、豪ドルは5.0%というように、国々によって金利が異なります。改めて比べるとどれだけ日本が低金利なのかよくわかると思います。そこで、高金利国の通貨のカナダドルや人民元を買うと、金利がより多くもらえることになりますね。

この金利差を「スワップポイント」と呼び、これを目当てに取引を行う方も多くおられます。さらにFXの最大のポイントは、手元の資金が少なくても、それを担保に、何倍もの金額の取引ができる「レバレッジ」ができることです。

これは、例えば、レバレッジを10倍にすると、30万円で300万円分の外貨を取引できるのです。そうすることでスワップポイントも10倍となり、受け取る利益も多くなりますが、取引の金額が逆に触れるとあっという間に大損害が出るハイリスクハイリターンの取引となります。

このように、低資金でゆっくりと地道にトレードをしてもよし、場合によっては大きなトレードもよしといった自由度が高い取引と言えるでしょう。

低予算からFXをはじめた管理人おすすめのFX口座はこちら↓↓

★低予算(1000通貨)で取引できるFX口座を比較
http://s2fx.com/ranking/856.html

ページトップへ戻る
FXのデイトレードのコツ

FXデイトレードにはコツがあり、レバレッジ次第で大きな儲けを狙えます。時々、大きな儲けを出した人が出現して話題となるデイトレードですが、実は全体の70%は負け組で、大きな利益を得ている人は10%そこそこです。

一度の大きな失敗によって、それまでコツコツと積み重ねてきた小さな差益が一度になくなるような展開がFXのデイトレードではままあります。相場は円高方向には急激に落ち、円安方向には小刻みに上がっていきます。

大損をしないためには、この急激に変わる時に引きずられないようにすることです。差益を出せる自分なりの一番やりやすい手法を見つけだすことが、デイトレードでは重要です。

とはいえ、一つの方法だけにこだわっては逆効果です。取引の決めごとが複数あることがデイトレードでは必要です。

そして、その時々の状況に合わせて随時使い分けることがデイトレードで負けないコツであり、益を積み重ねていく上では必須です。

FXデイトレードとは、為替市場から少しずつお金をかすめ取っているようなもので、そのちょっとしたお金をかすめ取るタイミングは一瞬であることが多いのです。一瞬の決断によって利益も損も大きく変わりますので、デイトレードでは即断が必要です。

できるだけ勝ち逃げをすることがデイトレードのコツです。深入りしすぎず、欲張りすぎないようにしましょう。

低予算からFXをはじめた管理人おすすめのFX口座はこちら↓↓

★低予算(1000通貨)で取引できるFX口座を比較
http://s2fx.com/ranking/856.html

ページトップへ戻る
FX取引でもらえる「スワップポイント」とは?

FXをやっていて、為替差益のほかにも魅力的なFX独特の利益のチャンスがあります。これがスワップポイントというもので、金利が異なる2種類の通貨の取引によって
生じるものです。2国間の金利差調整と言えばいいでしょうか。これはFXならではのものです。金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買った場合は、金利差の受け取りが発生し、反対に金利の高い通貨を売って、金利の低い通貨を買った場合は金利の支払いが発生してしまいます。
ほとんどのFX業者で、スワップポイントは一日単位で受け払いが行われて、ポジションが発生した日から、累積していきます。
また土日もスワップポイントは発生しています。スワップは、ポジションを決済した時に、為替差益と同時に受け取ることが出来ます。例えば、スワップポイントの高いポンドを買って、ポジションを保有し続けたとします。ポンドのスワップポイント300円に、ポジションを保有した日数をかければいいのですが、たとえば一ヶ月保有し続けたとすれば9000円、為替レートが変動しなかったと考えて、一年間保有し続けると、300円×365日となって109500円もの利益となります。こういったことが可能なのもFXの魅力の一つですね。
FXをやっている人の中には、このスワップが目的の人もいるくらいです。

ページトップへ戻る
賢くFX取引するにはスワップポイントも利用しよう

FXの取引をはじめてすぐに「資産を何十倍にもした人がいる」という話を聞いたことがありますか?
全員がうまくいくわけではありませんが、FXをはじめて半年未満で資産を倍にした人や、短期間で何十万円も儲けたという人は少なからず存在します。

為替を扱うのが初めてでも成功者は存在しますが、もちろん全員が成功するわけでもありません。どの分野にも言えることですが、色々な人の言葉を片端から盲目的に信用し、それでいて失敗すると誰かのせいにする人は成長がなく、いつまでも初心者のままです。自分で考えることが必要なのです。

とは言え、初めてならばリスクの少ない方法を経験者に教えてもらい、試してみることが安心に取引をはじめられるでしょう。
管理人がオススメする取引方法は下記のような感じです。

まずはレバレッジは4倍程度までに抑え、為替差益ではなくスワップポイントを狙います。例えば口座に100万円を入れドルを2ポジション買うと、レバレッジは5倍強となり、スワップポイントは日々300円程度になります。仮に大幅な為替の変動があってもロスカットはほとんど発生しません。

まだ取引に慣れないうちは、長期保有の外貨を増やすことで頻繁な取引をせずともスワップポイントが入るスタイルを取るのもいいのではないでしょうか。先が読めるようになれば、その時だけレバレッジを上げて大量に買い、差益を狙うのもアリです。どこでリスクを犯し、どの程度までのリターンを狙うかという戦略を形にしましょう。

過度のリスクは犯さずに元本を守り、チャンスを見いだしてそれに賭けるスタイルを作り上げることができれば、FXは怖いものではありません。

低予算からFXをはじめた管理人おすすめのFX口座はこちら↓↓

★低予算(1000通貨)で取引できるFX口座を比較
http://s2fx.com/ranking/856.html

ページトップへ戻る
FX取引ではスワップポイントも見方につけよう

スワップ益だけ受け取れればそれでいいという人もFXをやっている人の中には存在します。
FXで外貨を保有するだけで生活費を稼ぎたいという希望もよく耳にしますが、実際に実現可能なのでしょうか。

FXを運用している人の中には、スワップ派と呼ばれる人たちがいます。値動きによって発生する含み益や含み損に左右されず、スワップポイントを貯め続けるものです。

例えば、米ドルを2万ドル買うとします。これは、長期の相場変動に耐えうるよう、資産は大めに入れます。こうしておくと、スワップ金利を160円とすると毎日320円、毎月9,600円の収入が入ります。

ただし長期保有を想定する際に避けるべきことは、含み損が大きくなりすぎて発生するロスカットです。対策としては、資産を多めに入れて多少の米ドルの反動があっても大丈夫にしておきます。

相場の変動がどこまで起きうるかは人によっても意見が分かれるところですが、方針はあらかじめ立てておくべきです。FXでは資金額を増やし、外貨を買う量を増やすことでスワップ金利を増やすことができます。

ゆくゆくは毎月1万円ではなく毎日1万円ずつのスワップ金利を増やすこと、まとまった元手があれば、スワップポイントだけで安定した収入が手にはいるのです。

低予算からFXをはじめた管理人おすすめのFX口座はこちら↓↓

★低予算(1000通貨)で取引できるFX口座を比較
http://s2fx.com/ranking/856.html

ページトップへ戻る
「くりっく365」のFX業者って何?

「くりっく365」とは、FXを公設の取引所で行う為替の取引所取引のことです。

以前はFXは取引所が存在せず、FX業者と個人投資家の間で価格設定が不透明だったり、FX業者が倒産したら、預けた資金は戻ってこなくなるという問題がありましたが、それを解消するために開設されたのが公設市場「くりっく365」です。

くりっく365のメリットは、取引相手がFX業者ではなく取引所となるため、業者が倒産しても証拠金が戻らないということは起きない、また複数の金融機関が提示する価格のうち、最も有利な価格で取引が可能なこと、税制上の優遇が受けられると言うことがあげられます。

通常FXでの利益は、雑所得として扱われ、最大50%が課税されますが、くりっく365は分離課税で一律20%の課税ですみます。

ですが、くりっく365に対応しているFX業者は実はそんなに多くはなく、対応している業者でも専用の口座を用意して、通常の口座とは分けて管理しているところが多いということです。くりっく365を利用したい場合は、対応業者を探して取引するようにしましょう。

例えば下記はくりっく365のFX口座です。
詳しくは公式サイトでご確認ください↓↓

GMOクリック証券

ページトップへ戻る
Copyright(C) FX比較 低予算から始めるFXランキング 初心者の外為入門 All Rights Reserved.

トップへ