HomeFX入門講座FXの基礎知識FXの安全性

FXの安全性

信託保全とは?

信託保全とはFXの口座に預け入れた証拠金を保証する仕組みのことです。

信託保全を採用しているFX会社であれば、自社の資産とは別に顧客の資産を信託銀行で管理をするため、万一FX会社が破綻しても顧客の預け入れた証拠金は全額保証されます。

2010年2月1日よりこの信託保全が義務化されたため最低限預け入れた証拠金については、守られることが保証されます。

ただし信託保全と一口に言っても、各社のサービスは様々です。

信託保全の対象となる資金

同じ信託保全でも、信託金額が預け入れた証拠金のみなのか、それとも含み益およびスワップ金利も含めた金額が保全されるのかの違いがあります。

当然含み益などを含んだ口座全体の額が信託保全される業者の方が安全だと言えます。

信託金額の更新タイミング

信託金額が更新されるタイミングも重要です。

週次の場合ですと、週に一回しか信託金額が更新されませんが、日次の場合ですと、毎日更新されることになるので更新タイミングが短い方が安全という訳です。

コメントは受け付けていません。

ページトップへ戻る
Copyright(C) FX比較 低予算から始めるFXランキング 初心者の外為入門 All Rights Reserved.

トップへ