HomeFX入門講座FXの基礎知識為替変動のしくみ

為替変動のしくみ

為替はなぜ動く?

為替レートは様々な要因により変動しますが、基本的に2国間の相対的な力関係によって決まります。

より強いほうの国の通貨が高くなり、弱いほうの通貨は安くなります。

例えばドル円の場合、アメリカのほうが日本よりも景気が良ければドル高・円安になりますし、逆に日本のほうが景気が良ければドル安・円高になります。

FXで利益を上げるためには、強い国の通貨を保有して弱い国の通貨を持たない、ということが大事です。

その他にも為替変動には以下のような要因が考えられます。

経済成長性

GDPの伸び率や貿易黒字の拡大などその国の成長性があると判断された場合、通貨が高くなります。

国際情勢

戦争やテロなども為替変動の要因になります。情勢が不安定な国の通貨は売られることが多く、より安定している国の通貨のほうが高くなります。

政策金利

預けるお金に対する金利が高いほどより利益も大きくなるので金利の高い通貨にお金が集まります。

要人発言

各国首脳や銀行関係者といった要人の発言により為替レートが変動する場合があります。

政府の市場介入

為替の急激な変動による経済への悪影響を避けるため、政府が中央銀行を使って市場を操作する場合があります。

コメントは受け付けていません。

ページトップへ戻る
Copyright(C) FX比較 低予算から始めるFXランキング 初心者の外為入門 All Rights Reserved.

トップへ