HomeFX入門講座FXの基礎知識取引にかかるコスト

取引にかかるコスト

FXの取引コストには、取引手数料スプレッドの2つがあります。

取引手数料は一回の取引ごとに必要となるコストですが、最近のFX会社ですと取引手数料は無料というのがほとんどです。

もう一つのスプレッドは、売値と買値の差額のことを言い、取引をする度に発生します。

スプレッドが実質的にFX会社に支払う手数料となります。

例えば、10,000通貨の取引を行う場合、取引コストは以下になります。

取引手数料が無料でスプレッドが1銭(0.01円)の場合

手数料(0円) + スプレッド(0.01) × 10,000 = コスト(100円)

スプレッドが1銭であれば、一回の取引コストは100円ということになります。

ただしレバレッジを利用した場合、その分コストも増加します。上記の例でレバレッジ20倍にした場合、一回のコストは2,000円になります。

短期で利益を狙うスタイルであれば、取引の回数も増えるためコストを抑えるために低スプレッドかどうかを重視してFX会社を選ぶ必要があるでしょう。

コメントは受け付けていません。

ページトップへ戻る
Copyright(C) FX比較 低予算から始めるFXランキング 初心者の外為入門 All Rights Reserved.

トップへ