HomeFX入門講座FXの基礎知識証拠金とレバレッジ

証拠金とレバレッジ

証拠金とは?

FXの取引を始めるためには、FX会社に担保となるお金を預け入れる必要があります。このお金を証拠金と言います。

そのためFXは証拠金取引と呼ばれています。

レバレッジとは?

レバレッジを利用することで少ない証拠金で、その何倍もの金額の取引ができるようになります。

例えばレバレッジを20倍に設定すると、5万円の資金で100万円の取引が可能となります。

またスワップ金利も5万円で取引したときより20倍大きくなるため、より大きな利益を得ることができます。

ただし、当然損失もその分大きくなります。

レバレッジは投資的に非常に魅力があると同時に、大きなリスクも伴います。

レバレッジは25倍まで設定することができますが、初心者の方は3倍程度のレバレッジで取引を行うことをオススメします。

レバレッジ規制について

2011年8月からレバレッジが最大25倍という規制が実施されました。

ただこの規制は個人投資家が対象ですので、法人口座ついてはレバレッジ数百倍というFX会社も存在します。

コメントは受け付けていません。

ページトップへ戻る
Copyright(C) FX比較 低予算から始めるFXランキング 初心者の外為入門 All Rights Reserved.

トップへ