HomeFX入門講座FXの基礎知識FXの仕組み

FXの仕組み

FX市場

FX(外国為替)市場は、インターバンク市場対顧客市場の2つに分類されます。

外国為替には証券取引所のような取引所があるわけではありません。基本的に「買いたい人」と「売りたい人」がそれぞれ電話やインターネット等を通じて直接取引をします。

インターバンク市場が銀行間で取引を行うのに対し、対顧客市場は銀行と顧客(法人や投資家等)との取引になります。

我々個人がFX会社を経由してFXの取引を行うことは対顧客市場での取引ということになります。

FX会社の為替レートは、インターバンク市場の為替レートにFX会社の手数料(スプレッド)を上乗せして提供されています。(この手数料は業者によって異なります)

インターバンク市場の為替レートが変動するたびに、FX会社のレートも変動され、リアルタイムで変動していきます。

個人が出した注文は、最終的にはインターバンク市場において銀行間で売買されることになります。

世界三大市場

世界三大市場と言われているのが、東京市場ロンドン市場ニューヨーク市場です。取引所が実際に存在するわけではないので、明確な取引開始・終了時刻はありません。

FXにおける「東京市場」とは、世界の中で日本勢が主に取引している時間帯を言います。それぞれの市場が活発になる時間帯が異なるため、24時間常に取引が可能になるという訳です。

コメントは受け付けていません。

ページトップへ戻る
Copyright(C) FX比較 低予算から始めるFXランキング 初心者の外為入門 All Rights Reserved.

トップへ