HomeFXブログ初心者がSBI FXトレードの口座を開設すべきたった一つの理由

初心者がSBI FXトレードの口座を開設すべきたった一つの理由


初心者がSBI FXトレードの口座を開設すべき理由

最近CMでも話題のSBI FXトレード

FX口座の中では後発にもかかわらず、グングン口座数を伸ばしている注目口座です。

SBI FXトレードは、競合ひしめくFX業界で、なぜ口座数を伸ばしているのでしょうか?

もちろんそれには理由があります。

それもたった一つの理由が。

初心者がSBI FXトレードの口座を開設すべきたった一つの理由とは・・

理論上4円からリアルなFX取引ができるため

です。

リスクが圧倒的に低い

4円からリアルな取引ができることのメリットとしてあげられるのが、まずリスクが圧倒的に低いということです。

SBI FXトレードは1通貨単位から取引ができます。これがどういうことかと言いますと、例えば最低通貨単位が1万通貨の口座(DMM FX等)と比較した場合。

1ドル=100円だとすると・・

1通貨単位  = 1ドル(100円) × 1通貨  = 100円
1万通貨単位 = 1ドル(100円) × 1万通貨 = 100万円

すなわち、1万通貨単位だと、最低でも取引に100万円必要になるということです。(分かりやすい様にレバレッジは1倍として考えます)

最低100万円から、と聞いただけで初心者の方にとっては恐怖でしょう。次に、1ドル=100円から1ドル=99円に円高になったとしましょう。

1通貨単位  = 1ドル(99円) × 1通貨  = 99円
1万通貨単位 = 1ドル(99円) × 1万通貨 = 99万円

すなわち、1万通貨の場合、1ドル100円から99円に円高になっただけで、1万円(100万 – 99万)の損失が出るわけです。

逆に1通貨単位であれば、1円の損失で済みます。1通貨単位のリスクがいかに低いかということがこれでお分かりになるでしょう。

なお、レバレッジを25倍で取引した場合、必要な証拠金が25分の1となるため、4円からの取引が可能となるわけです。

本番環境で緊張感のある取引ができる

FX初心者の方にとって、実際の取引に入る前にデモトレードで徹底的に訓練することは、とても大事なことです。それはかつてFXで失敗した私としても異論はございません。

しかし、ことSBI FXトレードに関してはそれが当てはまりません。4円からリアル取引ができてしまうからです。そのためSBI FXトレードにはデモトレードがありません。そもそも必要ないのです。

デモ口座はあくまでデモであり、約定力を含めた取引環境が本番と異なるため、イメージ通りのトレードが出来ない場合があります。

1通貨単位であれば、約定力を含めた本番の取引環境を低リスクで確認できるというメリットがあります。 実践だからデモより本気度も違いますし、理解力も抜群です。

今ならSBI FXトレードで口座開設するともれなく500円がもらえます。 もらった500円で是非、実践トレードを試してみてください。

たかが500円と、侮ってはいけません。1万通貨の口座であれば、500万円に相当する額です。500円でも十分練習が可能なのです。

1通貨単位の口座は2つしかない

実は4円からFX取引ができる口座というのは、日本では現在(2015年9月時点)SBI FXトレードとOANDA Japanの2つしかありません。

OANDA Japanについては、本社が外国の企業であるため、まだまだ日本のユーザーには馴染みの薄い口座です。

またSBI FXトレードが初回入金額に制限が無いのに対し、OANDA Japanは最低10万の入金が必要です。

スプレッドもSBI FXトレードの方が狭いですし、現時点では、SBI FXトレードに軍配が上がるでしょう。

コメントを残す

ページトップへ戻る
Copyright(C) FX比較 低予算から始めるFXランキング 初心者の外為入門 All Rights Reserved.

トップへ